山形厚生病院とは

山形厚生病院は山形市の南西部に位置し、認知症治療病棟と一般精神病棟を有する精神科の病院です。
当院では、認知症における周辺症状の悪化防止、生活不活発な状況の排除などにより穏やかな療養生活が送れるよう、入院診療計画に基づき、精神科医・内科医によるコンサルテーション、作業療法士による回想療法や日常生活の動作訓練、看護師や介護員による療養上の管理・お世話等を提供しております。
高齢化社会を迎えた今日、いつまでも豊かな人生を楽しむためにも、心と身体が健康であることが、もっとも大切と考えております。
私達スタッフ一同、培った経験と知識を活かし、皆様に愛される病院を目指し、誠実さと情熱をもった医療を行ってゆく所存です。
そして今後も微力ながら地域住民の健康・福祉の向上に資することができる様にしたいと思います。

診療案内

外来診療

診療科目/精神科[予約制]、内科
診療時間/
精神科 午前9:15~12:00
    午後13:30~16:30
    ※土曜日のみ16:00までの診療
内科  午前 9:15~12:00
    午後13:30~16:00

入院診療

入院病床/312床
内  訳/一般精神科病棟120床
     認知症治療病棟192床

News & Topics

日本老年医学会 東北地区大会 演題発表

令和元年年10月5日(土)に山形大学医学部で『日本老年医学会 東北医学大会』が開催されました。 山形厚生病院の […]

山形大学医学部看護学科実習

山形大学医学部看護学科3年次29名が高齢者看護学実習を開始しました。 高齢者看護学は、比較的新しい看護学専門領 […]

「音楽の処方箋」認知症なんて怖くない♪

令和元年10月20日に米沢で「音楽の処方箋」というイベント名で、認知症の予防や薬を使わない認知症情動療法などに […]

ニュースをすべて見る

採用情報に関するニュース






演劇情動療法

TUYのグッジョブYAMAGATAが山形厚生病院にやってきました。
当院では「認知症」を認知機能だけではなく「情」の中核である情動機能の視点からとらえることが大切であるという考えから、認知症情動療法に取り組んでいます。
五感に働きかけ、患者様がより笑顔にあふれ、情動機能がゆたかになるよう、職員一同心を尽くしております。