居宅介護支援センター

ご本人様やご家族様が、自立した在宅生活を安心して送れるよう、ケアマネージャーがお手伝いします。

介護支援専門員の役割

〇居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
〇サービス事業者や市町村との連絡調整
〇サービス及び利用者の状況把握
〇要介護認定申請の協力・援助
〇サービス、介護方法などのお困りごとのご相談

※居宅介護支援センターは介護報酬で運営されている事業所なので、費用のご負担はございません。安心してご相談下さい。
※介護支援専門員には守秘義務が課せられます。ご契約中や契約終了後も、ご利用事業所内での情報共有等の目的以外で個人情報が使用される事はございません。
利用申込から介護サービス提供までのながれ

1.介護申請
 サービスの利用を希望される場合、市町村に要介護認定の申請を行います。
 (当事業所で代行申請致します)
2.訪問調査介護申請
 調査員がご自宅等にお伺いし、心身の状況についてご本人様、ご家族様に質問・調査します。
3.要介護認定の決定通知
 調査結果を元に医療や福祉の専門家による審査により結果が通知されます。
4.介護サービス計画の作成
 ご本人様、ご家族様の希望をお聞きしながら、状況に応じたケアプランをケアマネージャーが作成します。
5.サービスの利用開始
 ケアプランを元にサービスを利用します。
6.更新・変更の申請
 有効期間満了の前に更新の申請が必要です。
 状態が変わった場合は、変更の申請も可能です。

お問い合わせ先

山形厚生病院 居宅介護支援センター
TEL  023-645-8118(代表)
営業日  月曜日~土曜日
営業時間 8:30~17:15